環境会計

物質収支・環境会計

主要な環境パフォーマンス(日油グループ)

日油グループにおける2022年度の事業活動に伴う環境負荷の状況は以下の通りです。

(クリックして図を拡大します)
(クリックして図を拡大します)

環境会計

 国内グループを対象とした2021年度の環境会計※1を、以下にまとめました。集計期間は、2022年4月1日~2023年3月31日です。

環境保全コスト |国内グループ                  (金額の単位:百万円)
分類 主な取り組み内容 投資額 費用額
(1)事業エリアコスト -1 公害防止コスト 排水処理設備の増強、大気汚染防止設備の増強 458 996
-2 地球環境保全コスト 省エネ対策設備への更新、蛍光灯のLED交換 662 565
-3 資源循環コスト 排熱利用設備、廃棄物処理費用 20 984
(2)上・下流コスト 容器・包装リサイクル 0 2
(3)管理活動コスト 環境監視・改善・人件費 0 375
(4)研究開発コスト 環境負荷の抑制 0 517
(5)社会活動コスト 環境保全地域支援費用 0 10
(6)環境損傷対応コスト 0 0
合計 ※2 1,140 3,448

環境保全効果 |日油グループ
分類 項目 2022年度 2021年度との差
(1)事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(千GJ) 3,110 ▲267
総物質投入量 (千トン) 236 ▲25
水資源投入量 (千m3) 8,498 78
(2)事業活動から排出する環境負荷および廃棄物に関する環境保全効果 温室効果ガス排出量 (千トンCO2)
 生産活動 : エネルギー起因
 生産活動 : その他
 物流起因
185
149
27
10
▲13
▲36
9
1
PRTR法対象物質排出量 (トン) 143 ▲12
廃棄物排出量 (トン) 25,157 ▲4,007
廃棄物最終処分量 (トン) 1,095 145
総排水量 (千m3) 6,421 ▲221
COD排出量 (トン) 148 ▲6
NOx排出量 (トン) 55 0
SOx排出量 (トン) 7 2

実質的経済効果 |国内グループ                  (金額の単位:百万円)   
分類効果の内容 金額
(1)収益 主たる事業で生じた廃棄物のリサイクルまたは使用済み製品等のリサイクルによる事業収入 403
その他の事業収入 0
(2)費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 37
省資源またはリサイクルに伴う廃棄物処理の節減 16
その他の節減 7
合計 ※2 463

過去からの推移
分類 項目 2018
年度
2019
年度
2020
年度
2021
年度
2022
年度
環境保全コスト

(国内グループ)
投資額(百万円) 593 686 1,203 1,300 1,140
費用額(百万円) 2,741 2,657 3,136 3,155 3,448
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果

(日油グループ)
総エネルギー投入量
(千GJ)
3,477 3,330 3,247 3,377 3,110
総物質投入量
(千トン)
273 253 231 261 236
水資源投入量
(千m3)
8,061 8,232 8,319 8,420 8,498
事業活動から排出する環境負荷および廃棄物に関する環境保全効果

(日油グループ)
温室効果ガス排出量(千トンCO2)
 生産活動
   エネルギー起因
   その他
 物流起因
214


182
23
9
205


173
23
9
195


167
20
8
198


172
18
9
185


149
27
10
PRTR法対象物質排出量 (トン) 177 158 147 155 143
廃棄物排出量 (トン) 30,161 28,446 28,955 29,164 25,157
廃棄物最終埋立処分量 (トン) 1,046 1,302 1,588 950 1,095
総排水量 (千m3) 5,954 6,424 6,552 6,642 6,421
COD排出量 (トン) 302 441 219 154 148
NOx排出量 (トン) 64 55 57 55 55
SOx排出量 (トン) 7 6 4 5 7

※1 社会との良好な関係を保ちつつ、環境保全への取り組みを効率的かつ効果的に推進していくことを目的として、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位または物量単位)に測定し伝達する仕組みのこと。
※2 端数処理により合計が合わないことがあります。

Contactお問い合わせ