能力開発/活躍支援

能力開発制度

 日油では、社員が自らの意思で研修メニューを選べる「通信教育」への支援、各階層における職務が異なるため、それぞれの課題に合わせた「階層別研修」、専門性向上や職務遂行上の課題に応じた「課題別研修」などの能力開発制度を推進しています。
 一人ひとりの個性や職種に応じた能力開発を効果的に推進するとともに、働きがい向上、組織の活性化、日油の将来にわたる事業基盤の確立と安定した雇用の実現につなげています。

階層・課題別研修の推進
 より一層効果的な研修が実施できるよう、階層別研修と課題別研修の組み合わせにより、教育体系を策定しています。比較的若い世代には階層別研修を中心とし、管理職層については課題別研修を中心に実施しています。なお、各事業所・各事業部門においても、それぞれの事業運営の実態に即した研修を企画し、必要に応じ実施しています。
2022年度の研修受講者は、のべ729人でした。

 研修受講者 : 729名(2022年度)

(クリックして図を拡大します)
(クリックして図を拡大します)
グローバル人材研修
グローバル人材研修

リーダーシップ
 日油グループは、属性や年齢等にとらわれず、誰もが意欲的に挑戦し、自己の成長につながるよう、従業員のリーダーシップの開発に積極的に取り組んでいます。
 日油では、ダイバーシティの考えである「性別といった属性をはじめとする多様性を尊重し、能力と意欲ある人が活躍しやすい組織作りを目指す」ことを狙いとして、女性従業員を対象として「ダイバーシティ研修」を導入し、リーダーシップの開発に努めて
います。なお、この「ダイバーシティ研修」は、その効果をより高め、女性の活躍を推進するために、研修内容をカスタマイズし、性別に関わらず管理職層も対象に実施しています。
 その他、役職に応じた「階層別研修」と専門性を高める「課題別研修」を通じて、リーダーシップの醸成を進めています。

活躍支援制度

研修費用
 「企業は人なり」との基本思想のもと、積極的な人的資本投資を実施し、日油グループの「価値観」である「挑戦」「公正」「調和」を体現し、新たな価値を創造できる人材の成長を後押しします。
 日油は、人材確保、人材育成等の人的投資として、職場環境の整備、能力開発プログラムの拡充、DX人材育成への取り組みを実施します。従業員の自律的な成長の促進と、グローバルリーダー育成の推進を目指すとともに、多様な人材の活性化を図ります。

  研修費用 : 91,309千円(2022年度)

  冊子「通信教育講座のご案内」
  冊子「通信教育講座のご案内」

自己啓発の推進
社員の意欲ある挑戦を支援し、自己実現と一人ひとりのさらなる能力開発につなげるため、各種通信教育やeラーニング等(ビジネススキル、語学など)の多彩な自己啓発プログラムを提供しています。

 通信教育・eラーニング受講者数:
              250名(2022年度)

公的資格取得の推進
 社員の公的資格取得をさまざまな面から支援しています。国内グループでは、2022年度は43種類、のべ366人が新たに資格を取得しました。

  資格取得種類 : 43種類(2022年度)

  資格取得者数 : 366名(2022年度)
   

|2022年度 取得資格数(国内グループ)
資  格 取得のべ人数(人)
エネルギー管理士 4
公害防止管理者 5
衛生管理者 4
特定化学物質等作業主任者 45
有機溶剤作業主任者 41
危険物取扱者 69
高圧ガス保安法関連 13
火薬類取扱保安責任者 14
毒劇物取扱責任者 2
圧力容器取扱作業主任者 7
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者 10
フォークリフト運転者 21
クレーン運転士 10
玉掛け技能者 14
ボイラー関連 8
防火管理者 3
乾燥設備作業主任者 1
エックス線作業主任者 2
はい作業主任者 11
フルハーネス特別教育 23
適正計量管理主任者 3
その他22資格 56
合計 366

社内公募制度
 日油では、全社横断で実施するプロジェクト業務に関して公募する仕組みを整え、意欲ある人材を配置することにより、従業員の意欲向上、組織の活性化等につなげ、自律(自立)型人材の育成を図ることを狙いとする社内公募制度を導入しています。


社員功績褒章
 日油では、社業の永続発展に資する従業員の功績に対して、毎年7月1日に褒賞する制度を設けています。


職務発明褒章
 日油では、毎年4月に職務発明の審査を行い、発明者に発明報奨金を授与しています。

Contactお問い合わせ