日油 -バイオから宇宙まで- English
HOME 会社概要 ニュース 事業紹介 製品・カタログ情報 IR情報 CSR情報 採用情報
CSR情報
CSR基本方針
CSR活動計画
トップメッセージ
会社紹介
組織統治
個の尊重
RC活動
RCマネジメント
環境安全
事業に伴う環境負荷
地球温暖化防止
資源循環
PRTR
その他環境への取り組み
労働安全
設備安全
製品安全
物流安全
社会との共生
参考資料
ISO26000対照表
全文ダウンロード
CSRサイトマップ

Adobe Reader

 ホーム >  CSR情報 > RC活動 > 環境安全 > PRTR
CSR情報

PRTR


化学物質排出量削減の取り組み


国内グループ各社は、PRTR※1対象物質の把握・届出を行い、その化学物質排出量削減に取り組んでいます。


※1 Pollutant Release and Transfer Registerの略。環境汚染の恐れがある物質の排出量や移動量を登録する制度。

PRTR法※2対象物質


国内グループの2016年度の排出量は170トンで、前年度の187トンから約9%減少となりました。これにより、中期目標の基準年度である2010年度の269トンから37%の削減となりました。これは2014年度から導入している各工場の処理設備が本格稼動した成果によるものです。

PRTR法対象物質のうち、10トン以上の物質は右表の通りです。

PRTR法対象物質排出量の推移
PRTR法対象物質排出量の推移

※2 PRTR法:特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律。

環境排出量の多い物質(10t以上)
政令番号 名称 排出量(t/年)
186 ジクロロメタン 44.3
83 クメン 28.6
300 トルエン 21.8
128 クロロメタン 18.0
392 n-ヘキサン 16.3
123 3-クロロプロペン 11.2
総排出量 170.2

2016年度のPRTR法対象物質排出収支(国内グループ)


日化協自主管理物質


国内グループは、日本化学工業協会が推奨する自主管理物質についても排出量の把握・削減に取り組んでおり、排出量は101トンで、前年度の116トンから12%減少となりました。

日化協自主管理物質の推移
日化協自主管理物質の推移

▲このページのトップへ


Copyright(c) NOF CORPORATION. All rights reserved.
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー 利用条件