日油 -バイオから宇宙まで- English
HOME 会社概要 ニュース 事業紹介 製品・カタログ情報 IR情報 CSR情報 採用情報
CSR情報
CSR基本方針
CSR活動計画
トップメッセージ
会社紹介
組織統治
個の尊重
RC活動
RCマネジメント
環境安全
事業に伴う環境負荷
地球温暖化防止
資源循環
PRTR
その他環境への取り組み
労働安全
設備安全
製品安全
物流安全
社会との共生
参考資料
ISO26000対照表
全文ダウンロード
CSRサイトマップ

Adobe Reader

 ホーム >  CSR情報 > RC活動 > 環境安全 > 事業に伴う環境負荷
CSR情報

事業に伴う環境負荷


国内グループにおける2016年度の事業活動に伴う環境負荷の状況は以下の通りです。


主要な環境パフォーマンス(国内グループ)


主要な環境パフォーマンス(国内グループ)


※1 温室効果ガス排出量の算定対象期間は、フロン類(PFC等)以外は年度ごと、フロン類(PFC等)は暦年ごとです。
※2 物流に係るCO2は、(株)ジャペックスの一部の輸送量を含んでおりません。
※3 温室効果ガス6種からエネルギー起源CO2分0.5(種)引いたガスを5.5ガスと言います。

環境会計


国内グループを対象とした2016年度の環境会計※4を、以下にまとめました。集計期間は、2016年4月1日〜2017年3月31日です。


環境保全コスト
(金額の単位:百万円)
分類 主な取り組み内容 投資額 費用額
(1)事業エリアコスト (1)-1 公害防止コスト 排水処理設備の増強 420 936
(1)-2 地球環境保全コスト 省エネ対策、蛍光灯のLED交換 56 60
(1)-3 資源循環コスト 廃棄物処理費用 12 798
(2)上・下流コスト 容器・包装リサイクル 0 6
(3)管理活動コスト 環境監視・改善・人件費 3 312
(4)研究開発コスト 環境負荷の抑制 0 484
(5)社会活動コスト 環境保全地域支援費用 0 9
(6)環境損傷対応コスト 0 0
合計 ※5   491 2,605

環境保全効果
分類 項目 2016年度 2015年度との差
(1) 事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(千GJ) 3,018 +2
総物質投入量 (千トン) 267 ▲4
水資源投入量 (千m3) 6,560 +171
(2) 事業活動から排出する環境負荷および廃棄物に関する環境保全効果
温室効果ガス排出量 (千トンCO2)
  生産活動  エネルギー起因
     その他
  物流起因
188
162
17
9
+9
+6
+3
0
PRTR法対象物質排出量 (トン) 170 ▲17
廃棄物排出量 (トン) 21,351 +522
廃棄物最終処分量 (トン) 157 +10
総排水量 (千m3) 6,365 +247
COD排出量 (トン) 69 ▲9
NOx排出量 (トン) 90 +30
SOx排出量 (トン) 9 +2

実質的経済効果
(金額の単位:百万円)
効果の内容 金額
(1)収益 主たる事業で生じた廃棄物のリサイクル
または使用済み製品等のリサイクルによる事業収入
150
その他の事業収入 0
(2)費用節減 省エネルギーによるエネルギー費の節減 33
省資源またはリサイクルに伴う廃棄物処理の節減 7
その他の節減 0
合計 ※5 190

過去からの推移
分類 項目 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
環境保全コスト 投資額(百万円) 498 261 508 491
費用額(百万円) 2,504 2,460 2,375 2,605
事業活動に投入する資源に関する環境保全効果 総エネルギー投入量(千GJ) 3,004 3,039 3,016 3,018
総物質投入量 (千トン) 256 259 263 267
水資源投入量 (千m3) 6,454 6,396 6,389 6,560
事業活動から排出する環境負荷および廃棄物に関する環境保全効果
温室効果ガス排出量 (千トンCO2)
  生産活動  エネルギー起因
     その他
  物流起因
197
163
23
9
191
165
17
9
179
156
14
9
188
162
17
9
PRTR法対象物質排出量 (トン) 233 232 187 170
廃棄物排出量 (トン) 19,465 19,966 20,834 21,351
廃棄物最終埋立処分量 (トン) 149 159 147 157
総排水量 (千m3) 6,373 6,668 6,118 6,365
COD排出量 (トン) 71 61 78 69
NOx排出量 (トン) 86 87 60 90
SOx排出量 (トン) 13 6 7 9

※4 社会との良好な関係を保ちつつ、環境保全への取り組みを効率的かつ効果的に推進していくことを目的として、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位または物量単位)に測定し伝達する仕組みのこと。
※5 端数処理により合計が合わないことがあります。

▲このページのトップへ


Copyright(c) NOF CORPORATION. All rights reserved.
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー 利用条件