日油株式会社 食品事業部「健康専科」

機能食品TOP > α-GPCについて > もっと知りたい!!α-GPCについて

もっと知りたい!!α-GPCについて

α-GPCの構造

α-GPCは、リン脂質の一種であるホスファチジルコリン(PC)より2個の脂肪酸を脱アシル化した水溶性化合物です。
学名では「sn-グリセロ(3)ホスホコリン」と呼ばれています。

分子構造

分子構造

特徴

外観 白色粉末
風味 無臭で弱い甘味
溶解性 任意に水に溶解
物性 非常に潮解性が高い、水溶液は無色透明

α-GPCの特長

母乳に含まれる安全な成分です

α-GPCは母乳など、生体内に普遍的に存在する物質であり、安全な成分です。
また、食品としての安全性も確認されています。

急性毒性試験(LD50):
経口投与 2,000mg以上/kg
経静脈投与 650mg/kg

母乳に含まれるα-GPC

母乳に含まれているコリンの分子構造はα-GPCの構造で多く存在しています。

(Am J Clin Nutr 1996;64:572-6)

母乳に含まれているコリンの分子構造はα-GPCの構造で多く存在しています。

コリンは赤ちゃんにとって重要な成分です。母乳にはコリン分子がたくさん含まれています。α-GPCは母乳における主要なコリン分子種の一つです。

コリン補給剤として中枢に作用します

コリン補給剤の種類とその特徴

成分名 分子量 特徴
α-GPC 256 血液脳関門(BBB)を通過する
摂取量2.5倍
PC
(ホスファチジルコリン)
753
(脂肪酸C18)
BBBを通過する
摂取量7.5倍
塩化コリン 140
(コリン:104
BBBを通過する
トリメチルアミンによる魚臭様汗と体臭
アセチルコリン 146 BBBを通過しない
CDP-コリン
(シチコリン)
488 BBBを通過する
医薬品(意識障害治療薬

α-GPCは、血液脳関門(BBB)を通過するため、コリン補給剤として中枢に作用します。

効率よく吸収されます

PC(ホスファチジルコリン)は90%以上がリンパ管より吸収されますが、α-GPCの多くは門脈から取り込まれるため、より効率的に吸収されると言えます。

PCとα-GPC

日油のα-GPC研究

α-GPCの効果について、日油ではいち早く目を付けて研究に取り組み、様々なデータを取得しています。

成長ホルモン分泌促進効果、遊離脂肪酸濃度の上昇効果

健常な成人にα-GPC1,000mgを摂取させ、血中のコリン濃度、成長ホルモン濃度と遊離脂肪酸濃度を測定した。α-GPC摂取群は、プラセボ群に比べて、コリン濃度、成長ホルモン濃度、遊離脂肪酸濃度ともに有意な上昇が見られた。

※プラセボ群 n = 8    α‐GPC群 n = 6

成長ホルモン分泌促進効果、遊離脂肪酸濃度の上昇効果

α‐GPCの摂取により、コリンが体内に補給され、成長ホルモンの分泌を促進しています。また、成長ホルモンの働きにより、遊離脂肪酸の濃度も上昇しており、脂肪を燃やす準備が整っている状態になっています。

α-GPCの摂取

軽度な運動との併用による脂質燃焼促進効果

健康な成人に、α-GPC1,000mg摂取30分後から30分間有酸素運動(4METs)を行い、呼吸商を測定したところ、α-GPC摂取群はプラセボ群に比べてより高い脂質燃焼促進効果が認められた。

α-GPCの摂取

※呼吸商とは体内で栄養素が酸化されて発生した二酸化炭素と消費した酸素の容積比。
数字が小さい方が,脂肪燃焼の割合が高い

※4METsとは
身体活動の強度を表す単位(エネルギー消費量が安静時の何倍かを示す)
4METsの活動は、「いろいろな家事を同時に行う」、「子供と遊ぶ」、「ガーデニング」など多少負荷のある活動強度

腹部皮下脂肪面積減少効果

中高齢女性に、1日あたりα-GPC 1,000mg摂取、および週3日の有酸素運動を4週間実施し、腹部皮下脂肪面積を測定したところ、試験前と比べて、減少傾向が見られた。

α-GPCの摂取

「α‐GPCの摂取+簡単な運動」 で脂肪の燃焼が促進されていることが確認できます。

T型コラーゲン・ヒアルロン酸産生促進効果(細胞へのα-GPC添加実験)

ヒト皮膚由来の細胞にα-GPCを添加し、24時間培養を行った。α-GPC無添加の細胞との比較を行ったところ、肌のハリの指標であるT型コラーゲンの量と、肌の潤いの指標であるヒアルロン酸の濃度について有意な差が見られた。1.0μM,10μM という濃度は、動物実験時の血清中のα-GPC濃度に相当しており、生理的な血中濃度での効果が認められている。

α-GPCの摂取

α-GPCが、肌のハリ、ツヤについて効果を発揮することが確認できます。

↑ ページトップ

Copyright © NOF CORPORATION. All rights reserved.
α-GPC PS ポリコサノール