日油株式会社 食品事業部「健康専科」

機能食品TOP > PSについて > 機能性表示制度に向けた取り組み

機能性表示制度に向けた取り組み

PSの研究レビュー

日油では、大豆由来ホスファチジルセリンについて、機能性表示制度への対応を見据え、以下の3つの機能について研究レビューを実施しております。

@脳機能改善
A精神的ストレスの改善
B肉体的ストレスの改善

脳機能改善について

想定される作用機序

想定される作用機序

期待される機能性表示のイメージ

中高齢者×もの忘れ×軽減、摂取目安量100mg/日(ホスファチジルセリンとして)

※実際に表示可能なヘルスクレームについては、研究レビューの使用について契約を結んだお客様へ行っております。

ストレス低減について

想定される作用機序

想定される作用機序

期待される機能性表示のイメージ

精神的ストレスについて

精神×ストレス×軽減、摂取目安量300mg/日(ホスファチジルセリンとして)

肉体的ストレスについて

運動×ストレス×軽減、摂取目安量600mg/日(ホスファチジルセリンとして)

※実際に表示可能なヘルスクレームについては、研究レビューの使用について契約を結んだお客様へ行っております。

↑ ページトップ

Copyright © NOF CORPORATION. All rights reserved.
α-GPC PS ポリコサノール