日油 -バイオから宇宙まで- English
HOME 会社概要 ニュース 事業紹介 製品・カタログ情報 IR情報 CSR情報 採用情報
CSR情報
CSR基本方針
CSR活動計画
トップメッセージ
会社紹介
組織統治
個の尊重
RC活動
RCマネジメント
環境安全
事業に伴う環境負荷
地球温暖化防止
資源循環
PRTR
その他環境への取り組み
労働安全
設備安全
製品安全
物流安全
社会との共生
参考資料
ISO26000対照表
全文ダウンロード
CSRサイトマップ

Adobe Reader

 ホーム >  CSR情報 > RC活動 > RCマネジメント
CSR情報

RCマネジメント


レスポンシブル・ケアに関わる経営方針


化学企業が社会の重要な一員として共生するには、全ての事業活動が、社会環境や自然環境と調和が図られ、社会から認識・評価され受容されるものでなければなりません。日油は、この基本認識の下、グループに所属する全ての役員と従業員が遵守すべき方針として、「レスポンシブル・ケアに関わる経営方針」を定めて遵守し、社会から一層信頼される企業たるべく努めています。


レスポンシブル・ケアに関わる経営方針

日油は、顧客・地域住民・従業員に対する安全と健康の確保のため、また、環境の保全ならびに生態系および資源の保護のために、レスポンシブル・ケア(責任ある配慮)をもって全ての事業活動を行なうことを環境安全、製品安全、設備安全、物流安全および労働安全の5つの安全に関わる経営方針とする。

日油および関係会社の全ての役員ならびに従業員は、
(1) 社会環境や自然環境に対する十分な安全配慮を持ち、
(2) 適切な自主管理と緊密な業務連携のもとに、
(3) 信頼性の高い安全性評価と関連法規の遵守により、
(4) 製品の開発から製造・流通・使用を経て、最終の廃棄に至るまでの全てのプロセスにおける環境・安全および健康に及ぼす影響を最小化するよう努めなければならない。

2001年9月 改正


また、2014年には「レスポンシブル・ケア世界憲章」に署名し、その支持とRC活動の国内外での実践を表明しました。


5つの安全


日油グループでは、RC活動を、(1)環境安全、(2)労働安全、(3)設備安全、(4)製品安全、(5)物流安全の「5つの安全」に分類し、毎年、事業所ごとに重点実施項目を設定し、具体的な活動を実践しています。また、2003年からは、5つの安全に加え、「社会との対話」を加えて活動しています。

レスポンシブル・ケア

RC推進組織


RC委員会は、設備・環境安全統括室長(取締役兼常務執行役員)を委員長とし、他26名の委員(執行役員の一部、事業所長、工場長、事業部門企画室長、研究所長)によって構成されています。

RC委員会の決定は、即時、グループ方針として周知徹底され、社長から委嘱を受けた機関として執行機能を備えています。また、事業部門に統括RC管理者を、工場・研究所にRC管理者をそれぞれ任命し、RC目標の具体的な展開を図っています。


RC推進組織図

RC活動の展開フロー


RC活動は、CAPDo(Check・Act・Plan・Do) のサイクルを確実に回すことで展開しています。


RC活動の展開フロー

なお、改善事項は半年後の次回監査時に対応状況をフォローアップし、処置の完了を確認します。


マネジメントシステム


日油グループでは、RC活動の透明性や客観性を高めるための一つの手段として外部認証の取得を進めています。


EMS※1(環境マネジメントシステム)の構築状況


日油では、生産部門を有するすべての事業所・工場において「ISO14001」の認証を取得し、それぞれの事業内容や地域特性を考慮して環境改善活動に組織的に取り組んでいます。関係会社では、7社で「ISO14001」の認証を取得し、1社が新たに取得を目指して取り組んでいます。また、ニチユ物流(株)は交通エコロジー・モビリティ財団が推進する「グリーン経営」を導入しています。


※1 Environmental Management Systemの略。環境方針を作成し、実施し、見直しかつ維持するための組織の体制、計画活動、責任、慣行、手順、プロセスおよび資源を含んだ管理システム。

QMS※2 (品質マネジメントシステム)の構築状況


日油では、製造品目に応じて最適なQMSを構築しています。「ISO9001」の他に、大師工場では「HACCP(総合衛生管理製造過程)」と「健康補助食品GMP※3(適正製造基準)」の認証を取得しています。また、DDS工場では「医薬品GMP(適正製造基準)」に準じた管理を行っています。グループ会社では、14社で「ISO9001」の認証を取得しています。

また、昭和金属工業(株)と防錆部門のNOF METAL COATINGS KOREA CO., LTD. では、ISO/TS16949※4を取得しています。


健康補助食品GMP
(大師工場)

※2 Quality Management Systemの略。品質に関して組織を指揮し、管理するため、方針およびその目標を定め、その目標を達成するためのシステム。
※3 Good Manufacturing Practiceの略。医薬品や医療機器、食品などの安全性を含む品質保証の手段として、工場などの製造設備(ハード)およびその品質管理・製造管理(ソフト)について、事業者が遵守しなければならない基準のこと。
※4 自動車産業向けの品質マネジメントシステムの国際標準規格。

OSHMS※5 (労働安全衛生マネジメントシステム)の構築状況


日油グループでは、労働安全衛生方針を掲げ、OSHMSの構築に取り組んでいます。国際労働機関・厚生労働省などのガイドラインを参考にしてシステムを構築し、活動を推進しています。2008年度から日油のすべての事業所でスタートしたリスクアセスメント※6は、現在では国内グループ会社にも展開しています。


※5 Occupational Safety and Health Management Systemの略。事業者が継続的に安全衛生の潜在的リスクの低減を実施するための組織、責任、手順、プロセスおよび経営資源について定めた管理システム。
※6 職場の潜在的な危険性または有害性を見つけ出し、これを除去、低減する手法。

内部監査の実施状況


RC活動においては、内部監査の有効性をいかに高めるかが重要なポイントです。


内部監査の状況


2016年度のRC監査は、RC委員長を監査リーダーとして、当社監査役の立会いの下で現場確認または書類審査による定例のRC監査(社内8工場は年2回、生産部門を有する国内外関係会社は年1回)を実施しました。直近の重点監査項目は、下表の通りです。


年度 監査時の重点テーマ
2012年度 上期 5つの安全の展開状況(11実績、12計画)
改正水質汚濁防止法への対応状況
2012年度 下期 労働安全施策の取り組み状況
2013年度 上期 労働安全活動の取り組み状況(12実績、13計画)
2013年度 下期 5つの安全について展開状況
2014年度 上期 環境安全に係わる法令遵守の書面による確認
2014年度 下期 発生労働災害の水平展開状況の確認
2015年度 上期 挟まれ、巻き込まれ防止対策の確認
2015年度 下期 「完全ゼロ災」に向けた活性化策の状況確認
2016年度 上期 高所作業時の安全対策の確認
2016年度 下期 環境安全法令(改正フロン抑制法、廃掃法)対応状況の確認

海外関係会社の内部監査


生産部門を有する国内関係会社につきましては、2001年度より開始した「RC懇談会(意見交換)」を経て、日油グループとして、自主的な点検活動を強化してグループ経営のあるべき姿でRC活動を推進するため、2005年度より「RC監査」を実施してきました。

2010年度からは、海外の関係会社を含めた日油グループとしてのRC活動の更なる向上を目的として、中国の常熟日油化工有限公司(常熟日油化工)、インドネシアのPT. NOF MAS CHEMICAL INDUSTRIES(NMC)のRC監査を実施しています。


▲このページのトップへ


Copyright(c) NOF CORPORATION. All rights reserved.
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー 利用条件