研究開発部門の紹介

研究開発部門の紹介

各研究所の研究開発分野および研究関連スタッフ部門の業務

  • 研究本部

    新規事業の発掘、世界の先端技術の探索、日油グループの固有技術との相乗・融合など、独自の研究開発に意欲的に取組んでいます。

  • 知的財産部

    当社グループの特許や商標など研究開発および営業活動全体を、戦略的に支える知的財産権の権利化および活用を推進しています。

  • 先端技術研究所

    先端技術研究所は、バイオマテリアル、機能材料、ファインポリマーを主体に息の長い研究に取り組んでいます。また内外の研究機関との情報交換・技術交換をはじめ、異業種を含めた幅広い共同研究も積極的に行っています。

    先端技術研究所
  • 新規事業開発室

    新規医薬医療素材と技術の研究開発に注力し、オープンイノベーションの共創パートナーの発掘を目的としてナノ医療イノベーションセンター(iCONM)内に研究拠点設置し、開発を行っています。

    新規事業開発室
  • 油化学研究所 (油化事業部)

    油脂とその誘導体、界面活性剤、高分子に関する応用研究を中心に、様々な角度からアプローチし、資源・環境・エネルギー、ヘルスケア、電子・情報分野における高機能・高付加価値製品の開発に注力しています。

    油化学研究所 (油化事業部)
  • 化成研究所 (化成事業部)

    有機過酸化物の研究・開発により培われた合成技術、分析技術、重合技術、評価技術などを高度に利用した高機能性ポリマーなど最先端素材の開発、および固有技術を駆使したブロック化カルボン酸製品の開発を行っています。

    化成研究所 (化成事業部)
  • 研究開発部 (化薬事業部)

    新しい技術、新しい分野の開拓、将来の国際化を見据えた海外との協力体制を構築しながら発射薬、爆薬および燃料等の研究開発を進めています。そのための試験設備として環境を考慮したトンネル構造の神岡出張所が大きな力を発揮しています。

    研究開発部 (化薬事業部)
  • 食品研究所 (食品事業部)

    油脂加工・乳化・可溶化・粉末化・マイクロカプセル化などの加工技術、乳化剤・酵素などの機能利用技術、DHAなどの機能性脂質の技術を基に、食用加工油脂、機能食品、栄養食品など、より「安全・安心」な製品開発に努めています。

    食品研究所 (食品事業部)
  • ライフサイエンス研究所(ライフサイエンス事業部)

    生体適合性素材であるMPCポリマーを核としてアイケア、スキンケア、オーラルケア用途などの医薬品分野、医療デバイス分野、診断薬分野への応用研究に取り組んでいます。

    ライフサイエンス研究所(ライフサイエンス事業部)
  • DDS研究所 (DDS事業部)

    PEG誘導体やリン脂質、新規DDS素材など、高純度な素材や高度な技術をDDS分野に広く展開するための研究開発を行っています。

    DDS研究所 (DDS事業部)
  • 日本工機(株) 白河製造所 研究開発部

    長年携わってきた防衛装備品製造技術、或は各種火薬類及び自動車安全装置を含む精密加工品製造技術を駆使して、世相を反映した新規なセキュリティ分野、防犯分野の製品開発に力を注いでおり、各方面から期待されています。

    日本工機株式会社
    日本工機(株) 白河製造所 研究開発部
  • 日油技研工業(株) 研究開発部

    固有技術をベースに、その利用や新しい技術を加えた複合化を得意とし、化学・電気・機械・制御・加工など各分野の専門領域を越えた研究開発体制により、数多くの新製品を創り出しています。

    日油技研工業株式会社
    日油技研工業(株) 研究開発部
  • NOF メタルコーティングス(株)技術開発部

    自動車用部品などの防錆剤の開発に取り組み、他社に先駆けて高品質のクロムフリー防錆剤を上市しています。

    NOF メタルコーティングス株式会社
    NOF メタルコーティングス(株)技術開発部

Contactお問い合わせ