製品情報

ブロック化カルボン酸

ブロック化カルボン酸

ブロック化カルボン酸は、カルボン酸のカルボキシル基を潜在化した化合物です。
加熱により保護基(ビニルエーテル)が解離し、カルボン酸を発生させます。

ブロック化カルボン酸のご紹介 (727KB)

ブロック化カルボン酸技術-ブロック化カルボン酸硬化技術

ブロック化カルボン酸技術

通常固体粉末であるカルボン酸含有化合物をビニルエーテルでブロック(保護)することにより、
 ・固体を液状にすることが可能→配合等の作業性、溶解性の向上
 ・加熱により保護基(ビニルエーテル)をはずすことが可能
  →カルボン酸活性の潜在化(必要なときに発現させられる)

ブロック化カルボン酸を用いたエポキシ樹脂との硬化技術

(1)エポキシ樹脂

エポキシ樹脂は、年間10万トン以上使用され、塗料、電気・電子、土木・接着剤など多岐の分野で使用されています。
カルボン酸化合物はその硬化剤として利用されていますが、粉末固体であるため、作業性が劣る欠点があります。
さらに、カルボン酸とエポキシ樹脂を混合すると徐々に反応が進み、長時間の安定した作業ができません。

(2)ブロック化カルボン酸

硬化剤として、ブロック化カルボン酸を用いると、カルボン酸が保護されているため、混合後もエポキシ基との反応が進行せず、常温では液状を保持します。 ブロックしたビニルエーテルがはずれる温度(~百数十度以上)まで加熱すると初めてカルボン酸とエポキシ基との反応が進行し、硬化します。

ブロック化カルボン酸の特性

製品名カルボン酸種有効成分(wt%)溶剤粘度3)(mPa・s)酸当量4)(g/mol)脱ブロック温度(℃)
ノフキュアー®TN-1トリメリット酸60PGMEA1)7260134
ノフキュアー®TN-2脂肪族変性カルボン酸67芳香族炭化水素30420>170
ノフキュアー®TN-5トリメリット酸60PGMEA1)6260129
ノフキュアー®TN-6ピロメリット酸60PGMEA1)7250117
サンタシッド®D-2脂肪族変性カルボン酸77ブチルジグライム2)
ジビニルエーテル
17,000385208
サンタシッド®Gグルタル酸91ジビニルエーテル4,000150221

1) プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート(CAS 番号:108-65-6、沸点:146 ℃)
2) ジエチレングリコールジブチルエーテル(CAS 番号:112-73-2、沸点:256 ℃)
3) 測定温度:25℃
4) 酸当量は製品状態での値(溶剤含む)
※ ノフキュアー、サンタシッドは日油株式会社の登録商標です。

記載の数値は、代表値であって規格値として保証するものではありません。

機能性シール材/コート材

機能性シール材/コート材

電子情報分野に対して長年培ってきた材料開発技術、製品設計技術を駆使して開発した機能性材料を紹介します。

【機能性シール材】
・フィルム液晶用シール材
・PDLC型調光フィルム用シール材

【機能性コート材】
・易剥離コート材

機能性シール材

機能性シール材

弊社の材料開発/製品設計技術を駆使することにより、
·光/熱硬化の制御
·フレキシブル基板に追従する柔軟性
·各種フレキシブル基板に対する密着性
·優れたバリアー性
を特長とした機能性シール材を開発しています。
フィルム液晶用シール材やPDLC型調光フィルム用シール材としてご使用いただくことで、 デバイス端面の表示不良を抑制するなど信頼性向上が可能です。

【適用製品例】
·フィルム液晶用シール材
·PDLC型調光フィルム用シール材

機能性コート材

機能性コート材は、保護フィルム代替として開発した、塗るタイプの保護膜です。
保護したい箇所に塗工し、UV照射することにより保護膜を形成します。
保護の役目が終了後、容易に剥離することが可能です。


弊社の材料開発/製品設計技術を駆使することにより、
·透明保護膜の形成による一時的な工程保護
·各種基材から容易に剥離可能
を特長とした易剥離コート材を開発しています。

保護フィルム貼合が出来ない曲面に対して塗布、一時保護が可能であり、 また、透明であるため、例えば光学検査が必要な製品の一時保護に適しています。 さらに、保護膜は容易に剥離可能であり且つ、基材を汚染しません。

【適用製品例】
·易剥離コート材

有機基材:PET
無機基材:ガラス

Contactお問い合わせ