日油 -バイオから宇宙まで- English
HOME 会社概要 ニュース 事業紹介 製品・カタログ情報 IR情報 CSR情報 採用情報
事業紹介
油化事業
事業案内
製品情報
脂肪酸・グリセリン
脂肪酸誘導体
石油化学品
機能剤製品
高機能ポリマー
事業所案内
グループ会社
お問い合わせ窓口
化成事業
化薬事業
食品事業
ライフサイエンス事業
DDS事業
ディスプレイ材料事業
防錆事業
物流・不動産他

研究開発

Adobe Reader

 ホーム >  事業紹介 > 油化事業 > 製品情報 > 界面活性剤
油化事業

製品情報


界面活性剤


ダイヤポン®

ダイヤポン 写真ダイヤポン®は皮膚へのやさしさを主眼に開発された低刺激性のアニオン活性剤です。植物油由来の脂肪酸を原料としたダイヤポン®は多くの安全性評価試験において低刺激性が確認され、広いpH範囲において良好な起泡性を示すことからシャンプー、洗顔フォーム、ハンドソープおよびボディーソープの成分として使用されています。

ダイヤポン®Kは植物系脂肪酸アシルメチルタウリンナトリウムです。また、シャンプーなどの化粧品での処方の組み易さと安定性を向上させる目的でダイヤポン®Kに存在する食塩の濃度を大きく低減したダイヤポン®K-SFを製造しています。その他、泡立ちと低刺激性をさらに高めたダイヤポン®K-MGの品揃えをしています。



パーソフト®

パーソフト 写真パーソフト®シリーズは天然油脂系アルコールを原料とした硫酸エステル塩であり、生分解性に優れ広く使用されている代表的なアニオン活性剤です。パーソフト®シリーズにはアルキル硫酸エステル塩およびポリオキシエチレンアルキル硫酸エステル塩の品揃えがあり、アルキルの部分は高純度ラウリル、ラウリルとミリスチルの混合組成、ラウリルからステアリルまでの混合組成およびヤシアルキル組成の製品があります。また硫酸塩を形成する対イオンについてはナトリウム塩およびトリエタノールアミン塩をともに製造しています。

パーソフト®は広範囲の分野で使用されていますが、洗浄剤としては一般家庭で使用される衣料用洗剤やシャンプーなどばかりでなく、金属工業や皮革製造工業での用途があります。また繊維工業では精錬剤・染色助剤として、紙・パルプ工業およびセメント工業では分散剤として、化学工業においては乳化剤や乳化重合用乳化剤としての利用があります。



ニッサンカチオン®

脂肪族アミンの誘導体(商品名:ニッサンカチオン®)として、第四級アンモニウム塩と脂肪族アミンの酢酸塩の2種類のカチオン活性剤を取り揃えています。

第四級アンモニウム塩型カチオン活性剤としてはアルキルトリメチル型とアルキルジメチルベンジル型カチオン活性剤をそれぞれ製造しており、アルキル部分も高純度のラウリル、パルミチル、ステアリルおよびベヘニルの各種カチオン活性剤を製品化しています。これらのカチオン活性剤には殺菌・殺藻剤、分散剤、凝集剤、帯電防止剤、柔軟仕上剤、リンス剤などの用途があります。

また脂肪族アミンの酢酸塩ではラウリルアミンおよびステアリルアミンそれぞれの酢酸塩を生産しており防食剤、殺菌・殺藻剤、粉体コーティング剤、帯電防止剤などとして用いられています。

ニッサンカチオン 写真
洗濯物をふっくらと仕上げます。


ニッサンアノン®

ニッサンアノン 写真両性活性剤(商品名:ニッサンアノン®)として、ベタイン型、カルボキシメチルアミン型およびイミダゾリニウム型の品揃えをしています。

ベタイン型両性活性剤としてはラウリルジメチルベタイン;ニッサンアノン®BLがあり、脂肪酸アミドプロピルベタイン型両性活性剤としてはラウリン酸を原料としたニッサンアノン®BDLおよびニッサンアノン®BDFがあります。
カルボキシメチルアミン型両性活性剤としてはラウリルアミノジ酢酸塩であるニッサンアノン®LAおよびニッサンアノン®LGを、イミダゾリニウム型両性活性剤としてニッサンアノン®GLMを製品化しています。これらの両性活性剤にはシャンプー、ボディソープの原料活性剤、帯電防止剤、柔軟仕上剤、殺菌・消毒剤などの用途があります。また、シャンプーなどの化粧品での処方の組み易さと安定性を向上させる目的でニッサンアノン®に存在する食塩の濃度を大きく低減したニッサンアノン®BL-SFおよびニッサンアノン®BDF-SFを製造しています。



ノニオン®

非イオン界面活性剤(商品名:ノニオン®)は主に5種類の商品群からなり、ソルビタンエステル系、ポリオキシエチレンソルビタンエステル系、グリセリンエステル系、ポリオキシアルキレンアルキルエーテル系およびポリオキシアルキレン脂肪酸エステル系があります。

ソルビタンエステル系ではエステル化する脂肪酸としてラウリン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸を用いエステル化の度合いの異なるモノエステル品、セスキエステル品およびトリエステル品を品揃えしています。またモノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタンエステルを製品化しています。

グリセリンエステル系ノニオンとしてはラウリン酸、ステアリン酸それぞれのモノグリセリドがあります。

脂肪族アルコールおよび脂肪酸にアルキレンオキサイドを付加した各種のポリオキシアルキレンアルキルエーテルを生産し、必要とされるHLB値に対応できる品揃えをしています。

ノニオン 写真
食品用の乳化剤として
広く使用されています。


スタホーム®

天然の脂肪酸とアルカノールアミンとの誘導体であるアルカノールアミド(商品名:スタホーム®)を製品化しています。ラウリン酸、オレイン酸を原料脂肪酸として用い、原料アルカノールアミンとしてはモノエタノールアミン、ジエタノールアミンおよびイソプロパノールアミンそれぞれを用いたスタホーム®を製造しています。

スタホーム 写真
きめ細かく豊かな
泡立ちに寄与します。

▲このページのトップへ


Copyright(c) NOF CORPORATION. All rights reserved.
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー 利用条件