日油 -バイオから宇宙まで- English
HOME 会社概要 ニュース 事業紹介 製品・カタログ情報 IR情報 CSR情報 採用情報
事業紹介
油化事業
化成事業
化薬事業
食品事業
ライフサイエンス事業
事業案内
製品情報
MPCモノマー(生体関連材料)
アイケア分野製品
オーラルケア・外用剤分野製品
メディカルデバイス分野製品
診断薬分野製品
酸化ストレス抗体分野製品
事業所案内
お問い合わせ窓口
DDS事業
ディスプレイ材料事業
防錆事業
物流・不動産他

研究開発

Adobe Reader

 ホーム >  事業紹介 > ライフサイエンス事業 > 製品情報 > 診断薬分野製品
ライフサイエンス事業

製品情報


診断薬分野製品


診断薬用添加剤
診断薬用添加剤としてLIPIDURE®-BLシリーズ、LIPIDURE®-SFシリーズおよびアッセイ試薬を展開しています。


LIPIDURE®の機能
診断薬用添加剤用のLIPIDURE®には、診断薬の開発に必要とされるタンパク質の非特異吸着抑制(ブロッキング)効果、タンパク質安定化効果、増感効果があります。


LIPIDURE®-BLの使用例
診断薬用添加剤分野における使用例を示します。
LIPIDURE®-BLシリーズには、親水性、疎水性、イオン性、あるいは水素結合性など様々な側鎖をもつポリマーがあります。


LIPIDURE® 側鎖性状 ブロッキング効果 安定化効果 増感効果 再現性・精度向上 可溶化
BL100シリーズ 親水    
BL200シリーズ 疎水
BL400シリーズ アニオン      
BL500シリーズ カチオン        
BL700シリーズ 水素結合        
BL800シリーズ 親水・疎水  
BL1000シリーズ 疎水
BL1200シリーズ 疎水  
BL1300シリーズ 疎水  


インデックス



製品一覧


高分子LIPIDURE®-BLシリーズ

高分子LIPIDURE®-BLシリーズ


品名 特徴 形態
LIPIDURE®-BL103 親水性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL203 疎水性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL206 疎水性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL405 アニオン性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL502 カチオン性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL702 水素結合性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL802 疎水性/水素結合性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL1002 疎水性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL1201 疎水性側鎖 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-BL1301 疎水性側鎖 5 wt%水溶液

両性界面活性剤タイプLIPIDURE®-SFシリーズ
LIPIDURE®-SFシリーズは、低分子の診断薬用添加剤です。

両性界面活性剤タイプLIPIDURE®-SFシリーズ


品名 CMC [wt%] 容量
LIPIDURE®-SF08 0.1 5 wt%水溶液
LIPIDURE®-SF16 0.001 1 wt%水溶液

アッセイ試薬
アッセイ試薬は、LIPIDURE®-BLに糖、塩等を加えた試薬です。


品名 容量
ブロッキング試薬N101 500 mL
ブロッキング試薬N102 500 mL
安定化試薬H100 100 mL


LIPIDURE®の基本性能


ブロッキング効果
LIPIDURE®-BLは、生体分子の非特異的な吸着を抑制することができます。当社ではプラスチック、金属、その他様々な材料表面を処理することが可能な製品群を提供しています。
LIPIDURE®-BLシリーズは完全合成高分子であるため、バイオハザードの心配もなく、ロット間差が少ないことが特長であり診断薬に最適なブロッキング剤です。

ブロッキング効果


例1 マイクロプレートのブロッキング
マイクロプレートをLIPIDURE®で処理し、酵素標識抗体の非特異吸着量を評価しました。
その結果、酵素標識抗体の非特異的吸着量が著しく減少し、優れたブロッキング効果が得られました。


マイクロプレートのブロッキング マイクロプレートのブロッキンググラフ

<試験方法>

  1. 96-wellプレートにPBSで10倍希釈したLIPIDURE®を200μL添加。
  2. アスピレートし、1晩乾燥。
  3. 24,000倍希釈HRP-IgG 100μLを添加。
  4. 室温下1時間静置し、PBS-Tで洗浄。
  5. TMB発色基質(KLP)を加え、HRP-IgGの非特異吸着量を評価。

例2 磁性微粒子のブロッキング
磁性微粒子を LIPIDURE®で処理し、酵素標識抗体の非特異吸着量を評価しました。
その結果、酵素標識抗体の非特異的吸着量が著しく減少し、優れたブロッキング効果が得られました。


磁性微粒子のブロッキング 磁性微粒子のブロッキンググラフ
RLU:Relative Light Unit(相対発光量)

<試験方法>

  1. 170μg/mL磁性微粒子溶液に、TBSで5倍希釈したLIPIDURE®を等量添加。
  2. 室温下1時間インキュベートし、TBSで洗浄。
  3. AP-IgGを10ng添加。
  4. 室温下1時間インキュベートし、TBS-Tで洗浄。
  5. 化学発光基質を加えAP-IgGの非特異吸着量を評価。

例3 磁性微粒子のブロッキング(抗体希釈液)
LIPIDURE®は、サンプル希釈時に添加する場合においてもブロッキング効果が得られます。LIPIDURE®を酵素標識抗体の希釈液に添加し、磁性微粒子への非特異吸着量を評価しました。
その結果、酵素標識抗体の非特吸着量が著しく減少し、優れたブロッキング効果が得られました。
※抗体力価に影響を与えません。


磁性微粒子のブロッキング 磁性微粒子のブロッキンググラフ
RLU:Relative Light Unit(相対発光量)

<試験方法>

  1. 100ng/mL AP-IgG希釈液にLIPIDURE®を0.1倍量添加。
  2. 8.6μgの磁性微粒子に上記のAP-IgG希釈液を100μL添加。
  3. 室温下1時間インキュベートし、TBS-Tで洗浄。
  4. 化学発光基質を加えAP-IgGの非特異吸着量を評価。

タンパク質安定化効果
LIPIDURE®は、タンパク質を安定化させることができます。これは、LIPIDURE®とタンパク質の相互作用によりネイティブ構造を維持するためと考えられます。

タンパク質安定化効果


例1 抗体の安定化(固相)
1次抗体固定化マイクロプレートの表面を LIPIDURE®で処理すると、ブロッキング効果に加え、抗体の安定性が向上します。
1次抗体を固定化したマイクロプレート表面を LIPIDURE®で処理し、25℃に保存した後、残存抗体力価をELISA (サンドイッチ法)で評価しました。
LIPIDURE®を用いることにより、ブロッキング効果が得られ、加えて抗体の安定性が向上し、15日間以上100%の抗体力価を維持しました。


抗体の安定化(固相) 抗体の安定化(固相)グラフ
相対活性:0日目の活性を100%として評価した。


<試験方法>

  1. マイクロプレートに抗Mouse IgG抗体を添加。
  2. 室温下1時間インキュベートし、PBSで洗浄。
  3. PBSで10倍希釈したLIPIDURE®を200μL添加。
  4. 室温下1時間インキュベートし、PBSで洗浄。
  5. デシケーター中、25℃でプレートを保存。
  6. Mouse IgGを添加。
  7. 室温下1時間インキュベートし、PBS-Tで洗浄。
  8. HRP標識抗Mouse IgG抗体を添加。
  9. 室温下1時間インキュベートし、PBS-Tで洗浄。
  10. 発色基質(TMB)を加え、1次抗体の抗体力価を測定。

例2 抗体の安定化(液相)
LIPIDURE®-SFは、酵素標識抗体の希釈液に添加する場合においても安定化効果が得られます。
酵素標識抗体の希釈液にLIPIDURE®-SF を添加し、4℃に保存した後、残存酵素活性を評価しました。
LIPIDURE®-SFを添加することにより酵素標識抗体の安定性が著しく向上し、60日間、100%の酵素活性を維持しました。
※抗体力価に影響を与えません。


抗体の安定化(液相) 抗体の安定化(液相)グラフ
相対活性:0日目の活性を100%として評価した。


<試験方法>

  1. 酵素標識抗体の10,000倍希釈液にLIPIDURE®-SF08を0.02倍量添加。
  2. 4℃保存。
  3. 希釈液をサンプリングし、発色基質(TMB)を加えて残存活性を測定。

増感効果
LIPIDURE®をラテックス凝集、イムノクロマトなどの免疫測定系に用いることにより、増感効果が得られます。これは、ラテックス粒子や金コロイドの分散性向上に寄与するものと考えられます。


例1 ラテックス凝集系における増感効果
ラテックス凝集系にLIPIDURE®を用いることにより、優れた増感効果が得られました。


<試験方法>

ラテックス凝集系における増感効果
(CRP:C-reactive protein、C反応性タンパク質)
(検出は自動分析装置を使用)

ラテックス凝集系における増感効果グラフ

例2 イムノクロマトにおける増感効果
イムノクロマト系(金コロイド法)にLIPIDURE®を用いることにより、優れた増感効果が得られました。


<試験方法>

イムノクロマトにおける増感効果
(hCG:ヒト繊毛性ゴナドトロピン)
(イムノクロマトキットは当研究所で作製)

イムノクロマトにおける増感効果グラフ


LIPIDURE®を用いたアプリケーション例


LIPIDURE®を用いたアプリケーション例を紹介します。


ラテックス凝集
ラテックス凝集系にLIPIDURE®を用いることにより、優れた増感効果が得られました。


<試験方法>

ラテックス凝集
(CRP:C-reactive protein、C反応性タンパク質)
(検出は自動分析装置を使用)

ラテックス凝集グラフ

イムノクロマト
イムノクロマトにLIPIDURE®を用いることにより、優れた増感効果が得られました。
特にLIPIDURE®-BL400シリーズは優れた増感効果を得ることができます。


デング熱ウィルスの検出系


<試験方法>

デング熱ウィルスの検出系

デング熱ウィルスの検出系グラフ

アデノウィルス検出系


<試験方法>

アデノウィルス検出系

アデノウィルス検出系グラフ

ELISA / CLEIA
サンドイッチ法による化学発光酵素免疫測定(CLEIA)に、LIPIDURE®を用いることにより優れた増感効果が得られました。


ELISA / CLEIA ELISA / CLEIAグラフ


<試験方法>

  1. マイクロプレートにマウス抗Human IgG抗体を添加。
  2. 室温下1時間インキュベートし、TBSで洗浄。
  3. LIPIDURE®(0.1倍量)溶液を添加。
  4. 室温下1時間インキュベート。
  5. Human IgGを既知濃度添加。
  6. 室温下1時間インキュベートし、TBS-Tで洗浄。
  7. AP標識抗Human IgG抗体を添加。
  8. 室温下1時間インキュベートし、TBS-Tで洗浄。
  9. 化学発光基質を加え、Human IgG濃度について検量線を作製。

▲このページのトップへ


Copyright(c) NOF CORPORATION. All rights reserved.
サイトマップ お問い合わせ プライバシーポリシー 利用条件